ブラジルの投資環境

特別会員 |  ニュース&レポート |  一般概要 |  産油ガス国情報 |  駐日大使館 |  関連機関へのリンク

特別会員

ブラジル連邦共和国の国旗

ブラジル大使館
Embassy of the Federative Republic of Brazil
http://www.brasemb.or.jp


Message from Ambassadors: Outlook for the Brazilian Economy and Brazil-Japan Relations 【 機関誌2014年9月号 】

(駐日ブラジル大使) ブラジル経済 ― 近年の発展 【 機関誌記事2011年5月号 】

ニュース&レポート

一般概要

国名 ブラジル連邦共和国 (国コード:BRA )
国名(English)Federative Republic of Brazil
人口2億445万人(15年推定)
人口増加率0.75%(16年推定)
国土面積851.2万km2
言語ポルトガル語
民族構成欧州系(48%)、アフリカ系(8%)、東洋系(1.1%)混血(43%)、先住民(0.4%)(2010年)
宗教カトリック約65%、プロテスタント約22%、無宗教8%(2010年)
政体連邦共和制(大統領制)
通貨レアル
為替レート
(年平均)
3.419(15年、対ドル)
在留邦人数54,377人(14年10月)
GDP(名目)1兆7,726億ドル(15年推定)一人当たりGDP8,670ドル(15年推定)
GDP構成比農業:5.9%、工業:22.2%、サービス:71.9%(15年推定)GDP成長率△3.8%(15年推定)
貿易収支149億ドル(15年推定)
輸出額1,891億ドル(15年推定)主な輸出品輸送機器、鉄鉱石、大豆、履物、コーヒー、自動車
輸入額1,742億ドル(15年推定)主な輸入品機械、電気機器、輸送機器、化学品、石油、自動車部品、電子機器
直接投資受入額
(ネット)
フロー646.48億ドル(15年)、730.86億ドル(14年)
ストック(対GDP比)27.4%(15年)、25.5%(14年)
日本とのEPA/FTA等-日本との租税条約締結済み
出所外務省、CIA The World Factbook、IMF/WEO、UNCTAD、経済産業省、財務省等

産油国情報

最終更新:石油天然ガスセクター産業構造 -
石油天然ガス需給 -
経済指標 -
2016年1月
2015年7月
2015年7月

石油天然ガスセクター産業構造

» 米州をまとめて見る

規制監督機関

「鉱業エネルギー省」
地質学、鉱物資源エネルギー、水資源利用、鉱業・冶金、石油・燃料・電力・原子力エネルギーの利用を監督。

・国家石油・天然ガス・バイオ燃料監督庁(ANP):鉱業エネルギー省傘下、石油及び副産物、燃料、潤滑油などの製造業者登録、探鉱・開発・生産及び輸出入ライセンス発給業務等を担う。

国営石油天然ガス公社の地位と活動内容

【Petrobras】
・1953年設立。1997年8月の憲法改正、新石油法制定に伴い、国内石油天然ガス事業における独占状態終了。

・実際には、国内鉱区の過半を所有し、原油生産量の90%(2014年シェア90.7%)を生産。精製・輸送分野でも中心的な役割を果たす。天然ガス生産量の国内シェアは2014年で78%。

・油価低迷やレアル安等による経営の悪化を受け、資産売却による投資資金の調達を図っている。2015年10月には、三井物産との間で傘下のGaspetroの株式の49%を売却する株式売買契約を締結。

増産計画

・ANPによる生産目標:2025年に450万B/Dに引き上げ。

・Petrobrasの事業経営計画(Business and Management Plan 2015-19)では、2016年の国内生産を214.5万B/D、2020年を270万B/Dとしている(2016年1月の修正版による)

上流部門への外資参入可能形態

コンセッション又は合弁

プレソルト及び戦略的な地区に関してはPS契約可能

上流部門への外資参入実績

・参入外資は、シェルをはじめ、シェブロン、Repsol、BP、Anadarko、EL Paso、Galp Energia、スタットオイル、BG Group、Sinopec、ONGC、TNK-BP等。

・2009年6月、Inpexと双日、JOGMECによる合弁企業の出資する現地法人が、北カンポス沖合フラージ油田において、原油生産を開始(日系以外の参加権益比率はオペレーターを務めるChevronが51.7%、Petrobrasが30%)。

・2015年10月に、第13次ライセンスラウンド第1フェーズ、同年12月に同第2フェーズを実施。Petrobrasやメジャーは不参加。対象鉱区に対する落札鉱区数は、第1フェーズが37/266、第2フェーズが9/10にとどまった。

下流部門の政策と投資動向

・2015〜2019年に下流部門に109億ドルを投資(Petrobras Business and Management Plan 2015-19 revised Jan.2016)

・精製能力:2014年240万B/D→2020年330万B/D、2030年390万B/D。(Petrobras 2030 Strategic Planによる)

情報源(投資企業各社のHPや各種報道サイトを除く)

●鉱業エネルギー省HP(http://www.mme.gov.br/
●ペトロブラスHP(http://www.petrobras.com.br/
●EIA, International energy data and analysis, Brazil, Updated:Oct.2015 (http://www.eia.gov/beta/international/)
●JOGMEC編『台頭する国営石油会社』(2008年3月)
●JOI調査(2005年12月)
●JOGMEC各種レポート (http://oilgas-info.jogmec.go.jp/

石油天然ガス需給

» 2005年以降の米州をまとめて見る

2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
原油 確認埋蔵量1/ (十億バレル) 12.9 14.2 15 15.3 15.6 16.2 n.a.
生産量2/ (千バレル/日) 1,950 2,055 2,105 2,061 2,024 2,255 n.a.
輸入量 (千バレル/日) 375 339 332 375 n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (千バレル/日) 2,486 2,701 2,813 2,860 3,048 3,229 n.a.
輸出量 (千バレル/日) 525 631 604 526 n.a. n.a. n.a.
天然ガス 確認埋蔵量1/ (兆立法フィート) 12.8 14.7 16 16 15.9 16.4 n.a.
生産量 (十億立方フィート/日) 1.2 1.4 1.6 1.9 1.8 1.9 n.a.
輸入量 (十億立方フィート/日) 0.8 1.2 1 1.3 1.7 n.a. n.a.
国内消費量 (十億立方フィート/日) 1.9 2.6 2.6 3.1 3.6 3.8 n.a.
輸出量 (十億立方フィート/日) 0 0 0 0.0437158469945355 0 n.a. n.a.
石油製品 原油精製能力 (千バレル/日) 1,988 1,988 2,010 2,001 2,093 2,235 n.a.
国内消費量3/ (千バレル/日) 2,459 2,699 2,777 2,923 3,003 n.a. n.a.
情報源 ●BP, "Statistical Review of World Energy", June 2015(http://www.bp.com/statisticalreview
●EIA, International Energy Statistics (http://www.eia.gov/cfapps/ipdbproject/IEDIndex3.cfm

(注)1/ 年末。    2/ リースコンデンセートを含む。    3/ 原油生焚きを含む。

経済指標

» 2005年以降の米州をまとめて見る

単位 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
GDP現地通貨建
(十億レアル)
3,328 3,887 4,375 4,713 5,158 5,521n.a.
為替レート年平均
(レアル/ドル)
1.999 1.759 1.673 1.953 2.157 2.346n.a.
GDP十億ドル 1,667 2,209 2,613 2,412 2,391 2,353n.a.
人口百万人 193.5 195.5 197.4 199.2 201.0 202.8n.a.
一人当たりGDPドル/人 8,612 11,301 13,238 12,106 11,894 11,604n.a.
消費者物価上昇率4.9 5.0 6.6 5.4 6.2 6.3n.a.
失業率8.1 6.8 6.0 5.5 5.4 4.8n.a.
石油天然ガス収入対歳入比率n.a. n.a. n.a. n.a. n.a. n.a.n.a.
歳出対GDP比率37.2 38.8 37.6 38.0 38.6 40.2n.a.
輸出額十億ドル 151 202 256 242 242 225n.a.
輸出額-うち石油天然ガス輸出額比% 8.2 9.9 10.2 10.7 7.4 n.a.n.a.
輸入額十億ドル 139 200 249 245 264 252n.a.
経常収支十億ドル -24 -47 -52 -54 -81 -91n.a.
外貨準備高十億ドル 237 287 350 370 356 361n.a.
対外債務十億ドル 282 352 404 441 482 535n.a.
情報源 ●IMF,IFS, Country Report verious issues, World Economic Outlook Databases(http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2015/01/weodata/index.aspx), and elibrary-data
●世銀(http://datatopics.worldbank.org/debt/ids/country/ecu
●CIA,World Factbook
●UNCTADstat

(注)2013及び14年はIMF等の推計・見通しを含む。

駐日大使館

ブラジル連邦共和国大使館
Embassy of the Federative Republic of Brazil

〒107-8633 東京都港区北青山2-11-12
TEL: 03-3404-5211   FAX: 03-3405-5846

» 駐日ブラジル連邦共和国大使館 WEBサイト


» 大きな地図で見る

関連機関へのリンク