アンゴラの投資環境

特別会員 |  ニュース&レポート |  一般概要 |  産油ガス国情報 |  駐日大使館

特別会員

アンゴラ共和国の国旗

アンゴラ共和国大使館
Embassy of the Republic of Angola
http://www.angola.or.jp/


Message from Ambassadors: Angola-Japan: Working Together to Build a Win-Win Relationship 【 機関誌2014年3月号 】

特別会員からのお知らせ

ニュース&レポート

一般概要

国名 アンゴラ共和国 (国コード:AGO )
国名(English)Republic of Angola
人口2,512万人(15年推定)
人口増加率2.72%(16年推定)
国土面積124.7万km2
言語ポルトガル語(公用語)。その他ウンブンドゥ語等
民族構成オヴィンブンドゥ族(37%)、キンブンドゥ族(25%)、バコンゴ族(15%)等
宗教在来宗教(47%)、カトリック(38%)、プロテスタント(15%)
政体共和制
通貨クワンザ
為替レート
(年平均)
121.9(15年、対ドル)
在留邦人数108人(15年10月)
GDP(名目)1,030億ドル(15年推定)一人当たりGDP4,100ドル(15年推定)
GDP構成比農業:10.2%、工業:61.4%、サービス:28.4%(11年推定)GDP成長率3%(15年推定)
貿易収支155億ドル(15年推定)
輸出額374億ドル(15年推定)主な輸出品原油、ダイヤモンド、精製石油製品、コーヒー、麻、魚・魚製品、木材、綿
輸入額219億ドル(15年推定)主な輸入品機械・電気機器、車両・部品、医薬品、食品、繊維
直接投資受入額
(ネット)
フロー86.81億ドル(15年)、19.22億ドル(14年)
ストック(対GDP比)9.3%(15年)、0.7%(14年)
日本とのEPA/FTA等-日本との租税条約-
出所外務省、CIA The World Factbook、IMF/WEO、UNCTAD、経済産業省、財務省等

産油国情報

最終更新:石油天然ガスセクター産業構造 -
石油天然ガス需給 -
経済指標 -
2016年1月
2015年7月
2015年7月

石油天然ガスセクター産業構造

» 中東・アフリカをまとめて見る

規制監督機関

「石油省」
石油セクターにおける国家政策を施行。石油事業の調整・監督・管理。

国営石油天然ガス公社の地位と活動内容

【Sonangol】
・1976年設立。政府100%所有。

・1978年から国内E&Pの唯一のコンセッショネア。外資との合弁あるいは生産分与契約の形で上流事業を実施。

増産計画

・2014年10月、2015年までに200万B/Dとしていた原油生産目標について、達成次期の2017年への先送りを発表。


上流部門への外資参入可能形態

合弁、生産分与契約

上流部門への外資参入実績

・主要活動外資:BP、Chevron、Eni、Total、ExxonMobil、Sinopec、CNOOC他。

・2011年1月、プレ・ソルト11鉱区の石油開発入札実施。

・2012年7月、Esso Angolaがオフショア油田(Kizomba Satellites、フェーズ1)の生産開始(10万B/D)。

・GALP(ポルトガル)は,石油生産量を倍増を目的として,2020年までに10億ユーロ投資する意向。

下流部門の政策と投資動向

・2012年12月、Sonaref製油所(立地:ロビト)着工、2017-18年に12万B/D規模の操業開始予定、将来的に20万B/Dへの拡張計画あり。

・アンゴラLNG:設備能力520万トン/年。出資企業はSonangol(22.8%)、Chevron(36.4%)、Total(13.6%)、BP(13.6%)、Eni(13.6%)。電気火災事故やパイプラインの漏洩・破裂等のトラブルが多発し、2014年4月以降、運転を停止、運転再開は2015年第4四半期の見込み。

情報源(投資企業各社のHPや各種報道サイトを除く)

●石油省HP(http://www.mimpet.gov.ao/
●Sonangol HP(http://www.sonangol.co.ao/
●EIA, International energy data and analysis,Angola, Updated:Mar.2015 (http://www.eia.gov/beta/international/)
●在アンゴラ日本国大使館・アンゴラ共和国月報(http://www.angola.emb-japan.go.jp/jp/nikokukan_kankei/angola_jyosei.htm)
●JOGMEC各種レポート
(http://oilgas-info.jogmec.go.jp/

石油天然ガス需給

» 2005年以降の中東・アフリカをまとめて見る

2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015
原油 確認埋蔵量1/ (十億バレル) 9.5 9.5 9.1 12.7 12.7 12.7 n.a.
生産量2/ (千バレル/日) 1,867 1,899 1,746 1,777 1,831 1,742 n.a.
輸入量 (千バレル/日) 0 0 0 0 n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (千バレル/日) 50 50 51 51 n.a. n.a. n.a.
輸出量 (千バレル/日) 1,909 1,934 1,783 1,909 n.a. n.a. n.a.
天然ガス 確認埋蔵量1/ (兆立法フィート) 9.6 11 11 13 9.7 9.7 n.a.
生産量 (十億立方フィート/日) 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 n.a. n.a.
輸入量 (十億立方フィート/日) 0 0 0 0 0 n.a. n.a.
国内消費量 (十億立方フィート/日) 0.1 0.1 0.1 0.1 0 n.a. n.a.
輸出量 (十億立方フィート/日) 0 0 0 0 n.a. n.a. n.a.
石油製品 原油精製能力 (千バレル/日) 39 39 39 39 n.a. n.a. n.a.
国内消費量3/ (千バレル/日) 98 104 107 112 112 n.a. n.a.
情報源 ●BP, "Statistical Review of World Energy", June 2015(http://www.bp.com/statisticalreview
●EIA, International Energy Statistics (http://www.eia.gov/cfapps/ipdbproject/IEDIndex3.cfm

(注)1/ 年末。    2/ リースコンデンセートを含む。    3/ 原油生焚きを含む。

経済指標

» 2005年以降の中東・アフリカをまとめて見る

単位 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
GDP現地通貨建
(十億クワンザ)
5,989 7,580 9,780 11,011 11,985 12,621n.a.
為替レート年平均
(クワンザ/ドル)
79.328 91.906 93.935 95.468 96.519 98.169n.a.
GDP十億ドル 75 82 104 115 124 129n.a.
人口百万人 21.0 21.7 22.3 23.0 23.7 24.4n.a.
一人当たりGDPドル/人 3,589 3,807 4,666 5,018 5,245 5,273n.a.
消費者物価上昇率13.7 14.5 13.5 10.3 8.8 7.3n.a.
失業率7.0 6.9 6.9 6.9 6.8 n.a.n.a.
石油天然ガス収入対歳入比率70.1 75.9 79.9 81.3 73.2 72.5n.a.
歳出対GDP比率41.9 40.0 40.2 41.3 40.8 37.1n.a.
輸出額十億ドル 36 48 60 66 63 59n.a.
輸出額-うち石油天然ガス輸出額比% 97.4 97.4 96.4 98.0 98.0 98.0n.a.
輸入額十億ドル 17 15 17 21 22 28n.a.
経常収支十億ドル -8 8 13 14 8 -1n.a.
外貨準備高十億ドル 14 20 29 33 33 27n.a.
対外債務十億ドル 17 17 19 20 24 23n.a.
情報源 ●IMF,IFS, Country Report verious issues, World Economic Outlook Databases(http://www.imf.org/external/pubs/ft/weo/2015/01/weodata/index.aspx), and elibrary-data
●世銀(http://datatopics.worldbank.org/debt/ids/country/ecu
●CIA,World Factbook

(注)2013及び14年はIMF等の推計・見通しを含む。

駐日大使館

アンゴラ共和国大使館
Embassy of the Republic of Angola

〒155-0032 東京都世田谷区代沢2-10-24
TEL: 03−5430−7879    FAX: 03−5712−7481

» 駐日アンゴラ共和国大使館 WEBサイト


» 大きな地図で見る