イラクの投資環境

ニュース&レポート |  一般概要 |  産油ガス国情報 update |  駐日大使館

ニュース&レポート

一般概要

国名 イラク共和国 (国コード:IRQ )
国名(English)Republic of Iraq
人口3,986万人(18年推定)
人口増加率2.5%(18年推定)
国土面積約43.83万km2
言語アラビア語、クルド語(共に公用語)他
民族構成アラブ人(シーア派約6割、スンニ派約2割)、クルド人(約2割、多くはスンニ派)、トルクメン人、アッシリア人等
宗教イスラム教(スンニ派、シーア派)、キリスト教他
政体共和制
通貨イラク・ディナール
為替レート
(年平均)
1,184(17年推定)
在留邦人数-
GDP(名目)2,309億ドル(18年推定)一人当たりGDP5,793ドル(18年推定)
GDP構成比農業:3.3%(17年推定)、工業:51%(17年推定)、サービス:45.8%(17年推定)GDP成長率△2.1%(17年推定)
貿易収支219億ドル(17年推定)
輸出額614億ドル(17年推定)主な輸出品原油、燃料を除く原料、食品・動物
輸入額395億ドル(17年推定)主な輸入品食品、医薬品、各種製品
直接投資受入額
(ネット)
フロー△50.3億ドル(17年)、△62.6億ドル(16年)、△75.7億ドル(15年)
ストック(対GDP比)5.7%(16年)、8.6%(15年)
日本とのEPA/FTA等投資協定(14年2月発効)日本との租税条約-
出所外務省、CIA The World Factbook、IMF/WEO、UNCTAD、経済産業省、財務省等

産油国情報

最終更新:石油天然ガスセクター産業構造 -
石油天然ガス需給 -
経済指標 -
2019年5月
2017年10月
2015年7月

石油天然ガスセクター産業構造 update

» 中東・アフリカをまとめて見る

規制監督機関

「石油省(Ministry of Oil)」
・クルド自治区以外のイラク国内の石油天然ガス生産開発を管轄。クルド自治区については、同自治区政府及び同天然資源省(Ministry of Narutal Resources)が監督。

国営石油天然ガス公社の地位と活動内容

【INOC】
・1964年設立。政府100%所有。1987年解体。

・2009年8月、再設立に関する法案閣議了承。2018年3月にINOC再編法が議会で成立するも、2019年1月に連邦最高裁判所による違憲判決のため事実上廃案。

・INOCの解体に伴い油田開発・生産について地域事業会社が設立されている。
○NOC:North Oil Company
〇BOC:Basra Oil Company
〇MOC:Missan Oil Company
○MDOC:Midland Oil Company
○Dhi Qar Oil Company


増産計画

・2013年策定の統合国家エネルギー戦略(2010〜30年)(INES:Integrated National Energy Strategy)において、2020年以降の原油生産を900万B/D、随伴ガスの生産を6.3BCF/Dとする標準シナリオを提示。

上流部門への外資参入可能形態

生産分与、リスクサービス

上流部門への外資参入実績

・2009年6月と12月に油田開発の国際入札実施。BP/CNPC、Eni/Oxy/Kogas、ExxonMobil/Shell/Pertamina、Shell/Petronas、Lukoil等が鉱区落札。日本企業では新日石、石油資源開発、INPEX、三菱商事が参加。

・2010年10月にガス田開発の国際入札実施。Kogas、TPAO、Kuwait Energyがオペレーターとして落札。

・2012年5月に第四次入札実地。対象12鉱区のうち4鉱区をPakistanPetroleum、Bashneft/Premier Oil、Lukoil/Inpex、KuwaitEnergy/DragpnOilがそれぞれ落札。

下流部門の政策と投資動向

・統合国家エネルギー戦略に、精製能力を2018年までに94万B/D、2020年までに150万B/Dへ引き上げる目標を盛り込んでいる。

・2014年以降のISとの戦闘で壊滅的な打撃を被った国内最大のBaiji製油所は、2018年9月に一部操業を再開。

・2013年5月、Basrah Gas Company設立。South Gas Companyのほか、Shell、三菱商事が出資。North Rumaila、South Rumaila、Zubairの3油田からフレアガスを回収し精製している。2019年2月に能力増強計画を発表。

情報源(投資企業各社のHPや各種報道サイトを除く)

●石油省HP(http://www.oil.gov.iq/
●EIA (http://www.eia.gov/beta/international/
●Iraq Oil Forum HP(http://www.iraqoilforum.com/
●JOGMEC各種レポート (http://oilgas-info.jogmec.go.jp/

石油天然ガス需給

» 2005年以降の中東・アフリカをまとめて見る

2013 2014 2015 2016 2017 2018
原油 確認埋蔵量1/ (十億バレル) 150.0 150.0 142.0 153.0 n.a. n.a.
生産量2/ (千バレル/日) 3,054 3,368 4,054 4,452 n.a. n.a.
輸入量 (千バレル/日) 0 0 0 n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (千バレル/日) 798 844 850 n.a. n.a. n.a.
輸出量 (千バレル/日) 2,390 2,515 3,004 3,803 n.a. n.a.
天然ガス 確認埋蔵量1/ (兆立法フィート) 126 126 130 130 n.a. n.a.
生産量 (十億立方フィート/日) 0.0 0.0 0.0 0.0 n.a. n.a.
輸入量 (十億立方フィート/日) 0.0 0.0 0.0 n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (十億立方フィート/日) 0.0 0.0 0.0 0.0 n.a. n.a.
輸出量 (十億立方フィート/日) 0.0 0.0 0.0 n.a. n.a. n.a.
石油製品 原油精製能力 (千バレル/日) 823.0 931.0 903.0 919.0 n.a. n.a.
国内消費量3/ (千バレル/日) 798 844 850 0 n.a. n.a.
情報源 ●BP, "Statistical Review of World Energy", June 2017(http://www.bp.com/statisticalreview
●EIA, International Energy Statistics (https://www.eia.gov/beta/international/data/browser/
●OPEC Annual Statistical Bulletin 2017
●IEA Statistics

(注)1/ 年末。    2/ リースコンデンセートを含む。    3/ 原油生焚きを含む。

経済指標

» 2005年以降の中東・アフリカをまとめて見る

単位 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
GDP現地通貨建
(十億ディナール)
273,588 273,603 209,685 197,119 0 0
為替レート年平均
(ディナール/ドル)
1,166.00 1,166.00 1167.33 1,182.00 0.00 0.00
GDP十億ドル 235 235 180 167 0 0
人口百万人 33.4 34.3 35.2 36.1 0.0 0.0
一人当たりGDPドル/人 7,021 6,845 5,114 4,631 0 0
消費者物価上昇率1.9 2.2 1.4 0.4 0.0 0.0
失業率15.1 15.0 15.5 16.0 0.0 0.0
石油天然ガス収入対歳入比率93.0 94.3 88.0 89.4 0.0 0.0
歳出対GDP比率48.0 43.4 42.6 42.0 0.0 0.0
輸出額十億ドル 90 89 49 76 0 0
輸出額-うち石油天然ガス輸出額比% 99.5 99.6 99.7 99.6 0.0 0.0
輸入額十億ドル 61 59 52 71 0 0
経常収支十億ドル 3 6 -10 -12 0 0
外貨準備高十億ドル 76 63 51 42 0 0
対外債務十億ドル 59 64 65 70 0 0
情報源 ●IMF,IFS, Country Report verious issues, World Economic Outlook Databases
●世銀
(http://data.worldbank.org/indicator/SL.UEM.TOTL.ZS?page=1
●CIA,World Factbook

(注)2013及び14年はIMF等の推計・見通しを含む。

駐日大使館

イラク共和国大使館
Embassy of the Republic of Iraq

〒150-0047 東京都渋谷区神山町14-6
TEL:  03-5449-3231    FAX: 03-5449-7719

» 駐日イラク共和国大使館 WEBサイト


» 大きな地図で見る