カタールの投資環境

ニュース&レポート |  一般概要 |  産油ガス国情報 update |  駐日大使館

ニュース&レポート

一般概要

国名 カタール国 (国コード:QAT )
国名(English)State of Qatar
人口278万人(18年推定)
人口増加率1.95%(18年推定)
国土面積1.14万km2
言語アラビア語
民族構成アラブ人
宗教イスラム教
政体首長制
通貨カタール・リヤル
為替レート
(年平均)
3.64(17年推定)
在留邦人数956人(18年4月)
GDP(名目)1,883億ドル(18年推定)一人当たりGDP67,818ドル(18年推定)
GDP構成比農業:0.2%(17年推定)、工業:50.3%(17年推定)、サービス:49.5%(17年推定)GDP成長率1.6%(17年推定)
貿易収支367億ドル(17年推定)
輸出額675億ドル(17年推定)主な輸出品液化天然ガス(LNG)、石油製品、肥料、鋼
輸入額308億ドル(17年推定)主な輸入品機械・輸送機器、食品、化学品
直接投資受入額
(ネット)
フロー9.9億ドル(17年)、7.7億ドル(16年)、10.7億ドル(15年)
ストック(対GDP比)21.7%(16年)、20.1%(15年)
日本とのEPA/FTA等-日本との租税条約締結済み
出所外務省、CIA The World Factbook、IMF/WEO、UNCTAD、経済産業省、財務省等

産油国情報

最終更新:石油天然ガスセクター産業構造 -
石油天然ガス需給 -
経済指標 -
2019年5月
2017年10月
2015年7月

石油天然ガスセクター産業構造 update

» 中東・アフリカをまとめて見る

規制監督機関

「エネルギー・産業省(Ministry of Energy and Industry)」
・石油天然ガスセクターの戦略立案と実施監督。実施にあたっては、国営石油会社Qatar Petroleum(QP)、産業開発局(Department of Industrial Development、DID)、産業財産局(Department of Indsutrial Estates、DIE)と協力。

・実質的な政策立案・遂行や事業監督はQPが担う。

国営石油天然ガス公社の地位と活動内容

【QP】
・1974年設立。政府100%所有。

・探鉱、生産、精製、輸送、貯蔵などすべての石油事業を管轄。陸上油田Dukhanと洋上油田Bal Hanine とMaydan Mahzamのオペレーターであるほか、それ以外の油田では国際石油会社と生産分与契約(PSC)を締結しており、国内生産量の半分程度(生産分与契約におけるQPシェアを含む)を生産。

増産計画

・2018年12月に翌年年始のOPEC脱退と、天然ガスを中心に炭化水素の生産拡大(480万BOE/Dから2020年代に650万BOE/Dへ)を宣言。

・天然ガスでは、2017年4月、ノース・フィールド・ガス田開発に関するモラトリアム(2005年以降、新規開発プロジェクトを凍結)を解除。新規開発計画により5〜7年後に2BCF/Dの生産増を見込む。

上流部門への外資参入可能形態

生産分与契約、合弁

上流部門への外資参入実績

・QPは鉱区入札を実施せず、時折外資を誘致するのみ。

・探鉱又は開発・生産分与契約下で操業中のオフショア油田:
Al Shaheen(Total)、Al Rayyan(Occidental)、
Al Khalij (Total)、Idd El Shargi North &
South Dome(Occidental)、Al Karkara& A-Structures(コスモ石油、双日)、El Bunduq(コスモ石油、JX石油開発、三井石油開発)

下流部門の政策と投資動向

・LNG主要2社(下記コンソーシアム)に外資参画;
-Ras Laffan LNG Company (RasGas):QP、ExxonMobil、伊藤忠商事、LNGジャパン。
-Qatar LNG Company (Qatargas):QP、Total、ExxonMobil、三井物産、丸紅、ConocoPhillips、Shell。

・石油精製ではRattanRefinaryに外資参画;
-LaffanRefinery1(2009年9月操業開始、処理能力14.6万B/D、出資比率:QP51%、ExxonMobil10%、Total10%、出光興産10%、コスモ石油10%、丸紅4.5%、三井物産4.5%)
-Laffan Refinery 2(2016年12月操業開始、処理能力14.6万B/D、出資比率:QP84%、Total10%、出光興産2%、コスモエネルギーホールディングス2%、丸紅1%、三井物産1%)

情報源(投資企業各社のHPや各種報道サイトを除く)

●エネルギー・産業省HP(http://www.mei.gov.qa/
●QP HP(http://www.qp.com.qa/
●Qatargas HP(http://www.qatargas.com
●EIA (http://www.eia.gov/beta/international/
●JOGMEC各種レポート (http://oilgas-info.jogmec.go.jp

石油天然ガス需給

» 2005年以降の中東・アフリカをまとめて見る

2013 2014 2015 2016 2017 2018
原油 確認埋蔵量1/ (十億バレル) 25.0 25.0 25.0 25.0 n.a. n.a.
生産量2/ (千バレル/日) 1,553 1,540 1,532 1,523 n.a. n.a.
輸入量 (千バレル/日) 0 0 0 n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (千バレル/日) 287 292 315 339 n.a. n.a.
輸出量 (千バレル/日) 598 595 490 503 n.a. n.a.
天然ガス 確認埋蔵量1/ (兆立法フィート) 871 865 858 858 n.a. n.a.
生産量 (十億立方フィート/日) 17.0 16.0 17.0 17.0 n.a. n.a.
輸入量 (十億立方フィート/日) 0.0 0.0 0.0 n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (十億立方フィート/日) 3.0 3.0 4.0 4.0 n.a. n.a.
輸出量 (十億立方フィート/日) 11.0 11.0 12.0 12.0 n.a. n.a.
石油製品 原油精製能力 (千バレル/日) 283.0 283.0 283.0 429.0 n.a. n.a.
国内消費量3/ (千バレル/日) 217 246 280 0 n.a. n.a.
情報源 ●BP, "Statistical Review of World Energy", June 2017(http://www.bp.com/statisticalreview
●EIA, International Energy Statistics (https://www.eia.gov/beta/international/data/browser/
●OPEC Annual Statistical Bulletin 2017
●IEA Statistics

(注)1/ 年末。    2/ リースコンデンセートを含む。    3/ 原油生焚きを含む。

経済指標

» 2005年以降の中東・アフリカをまとめて見る

単位 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
GDP現地通貨建
(十億リヤル)
723 751 599 570 0 0
為替レート年平均
(リヤル/ドル)
3.64 3.64 3.64 3.64 0.00 0.00
GDP十億ドル 199 206 165 157 0 0
人口百万人 2.0 2.2 2.4 2.6 0.0 0.0
一人当たりGDPドル/人 97,166 92,253 68,004 60,787 0 0
消費者物価上昇率3.1 3.4 1.8 2.7 0.0 0.0
失業率0.5 0.2 0.2 0.2 0.0 0.0
石油天然ガス収入対歳入比率96.1 96.2 94.8 91.8 0.0 0.0
歳出対GDP比率28.3 33.4 41.5 34.4 0.0 0.0
輸出額十億ドル 137 131 77 57 0 0
輸出額-うち石油天然ガス輸出額比% 90.0 89.9 84.7 81.3 0.0 0.0
輸入額十億ドル 27 30 33 32 0 0
経常収支十億ドル 60 49 14 -3 0 0
外貨準備高十億ドル 42 43 37 31 0 0
対外債務十億ドル 162 166 182 223 0 0
情報源 ●IMF,IFS, Country Report verious issues, World Economic Outlook Databases
●世銀
(http://data.worldbank.org/indicator/SL.UEM.TOTL.ZS?page=1
●CIA,World Factbook
備考 ・石油天然ガス収入対歳入比率は財政年度。

(注)2013及び14年はIMF等の推計・見通しを含む。

駐日大使館

カタール国大使館
Embassy of the State of Qatar

〒106-0046 東京都港区元麻布2-3-28
TEL: 03-5475-0611、03-5475-0613


» 大きな地図で見る