2021年3月22日(月)以降に初めてログインされる方は上記「パスワード再登録」から再登録の手続きをお願いいたします。

カザフスタンの投資環境

ニュース&レポート |  産油ガス国情報 |  駐日大使館 |  関連機関へのリンク

ニュース&レポート

産油国情報

最終更新:石油天然ガスセクター産業構造 -
石油天然ガス需給 -
経済指標 -
2019年5月
2017年10月
2015年7月

石油天然ガスセクター産業構造

» 欧州・CISをまとめて見る

規制監督機関

「エネルギー省」
・2014年8月、ナザルバエフ大統領は行政効率化を目的とする省庁再編を発表、従来の石油・ガス省、産業・新技術省の一部、環境・水資源省を統合する形でエネルギー省を創設。石油・ガス産業を監督。

国営石油天然ガス公社の地位と活動内容

【KazMunaiGaz】
・2002年設立。政府100%所有。

・原油生産子会社KazMunayGas Exploration and Production(KMG E&P)や石油・ガスパイプライン会社、製油所、石油販売部門等を抱える、上流から下流までの一貫統合会社。ただし、国内生産シェアは低い(2016年に石油が29%、天然ガスが37%)。

・ENI(伊)と締結されたMOU(期間2010-14年)に基づきPavlodar製油所の近代化等を推進。

・2017年10月、Kaz Trans Gasにより、PetroChinaとの年間5BCMのガス供給契約に基づくカザフ産ガスの輸出が開始。

増産計画

・原油:2020年290万B/D、2030年360万B/D。
・天然ガス:2030年62BCM。

上流部門への外資参入可能形態

生産分与契約、合弁契約、サービス契約→2009年1月、地下資源法改正により、新規の生産分与契約は不可

上流部門への外資参入実績

3大油田開発のコンソーシアム構成は以下のとおり。

・テンギス油田:KazMunaiGas, Chevron、ExxonMobil, LukArco

・カラチャガナクガス田:KazMunaiGaz、Shell、ENI、Chevron、Lukoil

・カシャガン油田:KazMunaiGas、ENI、ExxonMobil、Total、Shell、CNPC、INPEX

下流部門の政策と投資動向

・CPCパイプライン(テンギス油田〜黒海):ロシア政府、カザフ政府、オマーン政府、ChevronTexaco、LukArco、ExxonMobil、Rosneft/Shell、Agip、BP、Kazakhstan Pipeline、Oryx

・カザフ〜中国パイプライン:KMGとCNPCの合弁

・製油所については2012年以降近代化計画(能力拡張及び白油化率の向上、Euro-4,Euro-5規制対応の製品製造)が進行中(2017年に終了予定)。アティラウ製油所近代化では、2001年、丸紅と日揮が総額約300億円のプロジェクト受注。2011年11月、丸紅等3社のコンソーシアムが第3フェーズのEPC契約を約17億ドルで受注。

・シムケント製油所:CNPCがカズムナイガスとの折半出資で共同運営。

・新規製油所計画を検討中。

情報源(投資企業各社のHPや各種報道サイトを除く)

●カズムナイガスHP(http://www.kmg.kz/
●EIA (http://www.eia.gov/beta/international/
●JOI調査(2005年2月)
●JOGMEC各種レポート (http://oilgas-info.jogmec.go.jp/

石油天然ガス需給

» 2005年以降の欧州・CISをまとめて見る

2015 2016 2017 2018 2019 2020
原油 確認埋蔵量1/ (十億バレル) 30.0 30.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
生産量2/ (千バレル/日) 1,653 1,595 n.a. n.a. n.a. n.a.
輸入量 (千バレル/日) 1 n.a. n.a. n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (千バレル/日) 288 286 n.a. n.a. n.a. n.a.
輸出量 (千バレル/日) 1,393 1,385 n.a. n.a. n.a. n.a.
天然ガス 確認埋蔵量1/ (兆立法フィート) 34 34 n.a. n.a. n.a. n.a.
生産量 (十億立方フィート/日) 1.0 1.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
輸入量 (十億立方フィート/日) 0.0 0.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (十億立方フィート/日) 1.0 1.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
輸出量 (十億立方フィート/日) 1.0 1.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
石油製品 原油精製能力 (千バレル/日) 350.0 350.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
国内消費量3/ (千バレル/日) 238 0 n.a. n.a. n.a. n.a.
情報源 ●BP, "Statistical Review of World Energy", June 2017(http://www.bp.com/statisticalreview
●EIA, International Energy Statistics (https://www.eia.gov/beta/international/data/browser/
●OPEC Annual Statistical Bulletin 2017
●IEA Statistics

(注)1/ 年末。    2/ リースコンデンセートを含む。    3/ 原油生焚きを含む。

経済指標

» 2005年以降の欧州・CISをまとめて見る

単位 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
GDP現地通貨建
(十億テンゲ)
40,884 45,732 0 0 0 0
為替レート年平均
(テンゲ/ドル)
221.73 342.16 0.00 0.00 0.00 0.00
GDP十億ドル 184 134 0 0 0 0
人口百万人 17.7 17.9 0.0 0.0 0.0 0.0
一人当たりGDPドル/人 10,428 7,453 0 0 0 0
消費者物価上昇率6.7 14.6 0.0 0.0 0.0 0.0
失業率5.0 5.0 0.0 0.0 0.0 0.0
石油天然ガス収入対歳入比率39.8 23.3 0.0 0.0 0.0 0.0
歳出対GDP比率22.9 22.4 0.0 0.0 0.0 0.0
輸出額十億ドル 47 37 0 0 0 0
輸出額-うち石油天然ガス輸出額比% 57.6 52.0 0.0 0.0 0.0 0.0
輸入額十億ドル 30 n.a. 0 0 0 0
経常収支十億ドル -5 -8 0 0 0 0
外貨準備高十億ドル 21 20 0 0 0 0
対外債務十億ドル 154 164 0 0 0 0
情報源 ●IMF,IFS, Country Report verious issues, World Economic Outlook Databases
●世銀(http://datatopics.worldbank.org/debt/ids/country/kaz) 
 

(注)2013及び14年はIMF等の推計・見通しを含む。

駐日大使館

カザフスタン共和国大使館
Embassy of the Republic of Kazakhstan

〒106-0041 東京都港区麻布台1-8-14
TEL: 03-3589-1821   FAX: 03-3589-1822

» 駐日カザフスタン共和国大使館 WEBサイト

関連機関へのリンク