2021年3月22日(月)以降に初めてログインされる方は上記「パスワード再登録」から再登録の手続きをお願いいたします。

トルコの投資環境

特別会員 |  ニュース&レポート |  産油ガス国情報 |  駐日大使館 |  関連機関へのリンク

特別会員

トルコ共和国の国旗

トルコ共和国大使館
Embassy of the Republic of Turkey in Japan
http://tokyo.be.mfa.gov.tr/default.aspx

トルコ共和国大統領府投資局
Presidency of the Republic of Turkey, Investment Office
https://investturkey.or.jp/


Message from Ambassadors: トルコ・日本の経済関係促進に向けた戦略的パートナーシップ・ビジョン 【 機関誌2018年3月号 】

Message from Ambassadors: Turkish Economy Keeps on Growing as Turkey-Japan Strategic Partnership Expands 【 機関誌2014年5月号 】

特別会員からのお知らせ

ニュース&レポート

産油国情報

最終更新:石油天然ガスセクター産業構造 -
石油天然ガス需給 -
経済指標 -
2019年5月
2017年10月
2015年7月

石油天然ガスセクター産業構造

» 中東・アフリカをまとめて見る

規制監督機関

「エネルギー天然資源省(Ministry of Energy and Natural Resources)」
・エネルギー及び天然資源を所管。エネルギー資源の外国依存の低減を使命とする。

「Energy Markets Regulatory Authority (EMRA)」
・石油、LPG、天然ガス、電力の十分かつ効率的な供給を目的に規制・監督を担う。

国営石油天然ガス公社の地位と活動内容

【Turkish Petroleum Corporation (TPAO)】
・1954年設立。政府100%所有。

・国内原油生産量の約70%、天然ガスは約50%を生産。

・かつては上流・下流すべての事業に携わっていたが、現在は上流事業のみ。

・基本的に民間企業と競争的立場にあるが、トルコ国内においては優先権を持つ。

増産計画

・2023年までに石油天然ガスの自給を目指す。

上流部門への外資参入可能形態

合弁

上流部門への外資参入実績

・黒海油田開発にExxonMobil、Chevron、Petrobras等の外資が参加。ExxonMobilは最初の探鉱を2011年上半期に開始予定。

・天然ガスの主要外資生産者は、BPとShell。

・Akçakoca沖ガス田:TPAO(51%、オペレーター)、米独立系Toreador社(37.75%)、カナダ独立系Stratic Energy社(12.2%)。

下流部門の政策と投資動向

・2005年5月、BTC(Baku-Tbilisi-Ceyhan)原油パイプライン 通油開始(全長1,760km、ピーク時通油100万B/D、オペレーター:BP、コンソーシアム:BP、SOCAR、Unocal、Statoil、TPAO、ENI、Total、伊藤忠、Conoco Phillips、INPEX、Amerada Hess)。

・Souther Gas Corridorアゼルバイジャン産ガスの欧州への供給を目的とし、South Caucasus Pipeline(SCP、2006年稼働開始)、Trans Anatolia Pipeline(TANAP)、Trans Adriatic Pipeline(TAP、2020年稼働予定)で構成される。SCPの事業会社はBP、AzSCP、TPAO、Petronas、Lukoil、NIOC,SGCMidstreamの出資で設立、TANAPにはSGC CJSCSBP、BOTASが出資、TAPの事業会社はAxpo 、Statoil、E ONによる合弁企業。

・Turkish Stream Pipeline(ロシアから黒海を横断しトルコ北西部に接続 )建設中

・2018年10月、アゼルバイジャン国営石油会社SOCARの建設によるSTAR製油所(イズミル県)が開所式を挙行(投資額63憶ドル、年間処理能力1,000万トン)。2019年2月には、同社がトルコ所有する石化コンプレックスPetkinへのナフサ供給を開始。

情報源(投資企業各社のHPや各種報道サイトを除く)

●エネルギー天然資源省HP(http://www.enerji.gov.tr/
●EMRA HP(http://www.epdk.org.tr/
●TPAO HP(http://www.tpao.gov.tr/
●EIA (http://www.eia.gov/beta/international/
●JOGMEC各種レポート (http://oilgas-info.jogmec.go.jp/

石油天然ガス需給

» 2005年以降の中東・アフリカをまとめて見る

2015 2016 2017 2018 2019 2020
原油 確認埋蔵量1/ (十億バレル) 0.0 0.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
生産量2/ (千バレル/日) 49 49 n.a. n.a. n.a. n.a.
輸入量 (千バレル/日) 505 503 n.a. n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (千バレル/日) 838 885 n.a. n.a. n.a. n.a.
輸出量 (千バレル/日) 9 n.a. n.a. n.a. n.a. n.a.
天然ガス 確認埋蔵量1/ (兆立法フィート) 0 0 n.a. n.a. n.a. n.a.
生産量 (十億立方フィート/日) 0.0 n.a. n.a. n.a. n.a. n.a.
輸入量 (十億立方フィート/日) 4.0 4.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
国内消費量 (十億立方フィート/日) 4.0 4.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
輸出量 (十億立方フィート/日) 0.0 n.a. n.a. n.a. n.a. n.a.
石油製品 原油精製能力 (千バレル/日) 613.0 613.0 n.a. n.a. n.a. n.a.
国内消費量3/ (千バレル/日) 861 943 n.a. n.a. n.a. n.a.
情報源 ●BP, "Statistical Review of World Energy", June 2017(http://www.bp.com/statisticalreview
●EIA, International Energy Statistics (https://www.eia.gov/beta/international/data/browser/
●IEA Statistics
●OPEC Annual Statistical Bulletin 2017

(注)1/ 年末。    2/ リースコンデンセートを含む。    3/ 原油生焚きを含む。

経済指標

» 2005年以降の中東・アフリカをまとめて見る

単位 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年 2020年
GDP現地通貨建
(十億リラ)
2,338 2,591 0 0 0 0
為替レート年平均
(リラ/ドル)
2.72 3.02 0.00 0.00 0.00 0.00
GDP十億ドル 859 857 0 0 0 0
人口百万人 78.7 79.8 0.0 0.0 0.0 0.0
一人当たりGDPドル/人 10,910 10,743 0 0 0 0
消費者物価上昇率7.7 7.8 0.0 0.0 0.0 0.0
失業率10.3 10.8 0.0 0.0 0.0 0.0
石油天然ガス収入対歳入比率n.a. n.a. 0.0 0.0 0.0 0.0
歳出対GDP比率32.1 33.5 0.0 0.0 0.0 0.0
輸出額十億ドル 144 143 0 0 0 0
輸出額-うち石油天然ガス輸出額比% n.a. n.a. 0.0 0.0 0.0 0.0
輸入額十億ドル 207 198 0 0 0 0
経常収支十億ドル -32 -31 0 0 0 0
外貨準備高十億ドル 93 92 0 0 0 0
対外債務十億ドル 398 410 0 0 0 0
情報源 ●IMF,IFS, Country Report verious issues, World Economic Outlook Databases
●世銀(http://datatopics.worldbank.org/debt/ids/country/tur
●CIA,World Factbook
●UNCTADstat

(注)2013及び14年はIMF等の推計・見通しを含む。

駐日大使館

トルコ共和国大使館
Embassy of the Republic of Turkey

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-33-6
TEL: 03-6439-5700   FAX: 03-3470-5136

» 駐日トルコ共和国大使館 WEBサイト


» 大きな地図で見る

関連機関へのリンク