中国の投資環境

ニュース&レポート |  一般概要 |  産油ガス国情報 update |  駐日大使館 |  関連機関へのリンク

ニュース&レポート

一般概要

国名 中華人民共和国 (国コード:CHN )
国名(English)People's Republic of China
人口13億9,698万人(18年推定)
人口増加率0.37%(18年推定)
国土面積約960万km2
言語漢語(中国語)
民族構成漢民族(総人口の92%)及び55の少数民族
宗教仏教・イスラム教・キリスト教など
政体人民民主共和制
通貨人民元
為替レート
(年平均)
7.76(17年推定)
在留邦人数128,111人(16年)
GDP(名目)13兆4,573億ドル(18年推定)一人当たりGDP9,633ドル(18年推定)
GDP構成比農業:7.9%(17年推定)、工業:40.5%(17年推定)、サービス:51.6%(17年推定)GDP成長率6.9%(17年推定)
貿易収支476億ドル(17年推定)
輸出額2.216兆ドル(17年推定)主な輸出品データ処理装置を含む電気機械及びその他の機械、アパレル、家具、繊維、集積回路
輸入額1.74兆ドル(17年推定)主な輸入品電気機械・機械その他、石油・鉱物燃料、原子炉、ボイラー及び機械部品、光学・医療機器、鉱石、自動車、大豆
直接投資受入額
(ネット)
フロー1,363.2億ドル(17年)、1,337.1億ドル(16年)、1,356.1億ドル(15年)
ストック(対GDP比)12.1%(16年)、10.9%(15年)
日本とのEPA/FTA等投資協定(89年5月発効)、日中韓投資協定(14年5月発効)日本との租税条約締結済み
出所外務省、CIA The World Factbook、IMF/WEO、UNCTAD、経済産業省、財務省等

産油国情報

最終更新:石油天然ガスセクター産業構造 -
石油天然ガス需給 -
経済指標 -
2019年5月
2017年10月
2015年7月

石油天然ガスセクター産業構造 update

» アジア・大洋州をまとめて見る

規制監督機関

「国家発展改革委員会(NDRC)」
・エネルギー資源の保存や有効利用の促進を任務の一つとする。

・2008年、傘下に設立された国家能源局(NEA)が、エネルギー開発計画や政策の立案と実施、石油天然ガスを含むエネルギーセクターに関する行政全般(プロジェクト許認可を含む)を担当。



国営石油天然ガス公社の地位と活動内容

【CNPC】中国石油天然気集団公司
・1988年設立。1998年に上流事業統括企業から上流・下流事業の垂直統合型企業に再編。1999年に採算部門を独立させてPetroChina(中国石油天然ガス有限公司)設立。PetroChinaは、2000年に香港及びニューヨーク株式市場に、2007年に上海株式市場に、上場。2017年末のPetroChinaの持ち株比率は86%。

・2017年国内生産量シェア:原油54%、天然ガス43%。

・2016年4月、BPと四川省でのシェールガス開発についてPS契約を締結。

・2018年8月、イラン南パールスガス田の第11フェーズ開発プロジェクトについて、トランプ米政権のイラン核合意からの離脱及び対イラン制裁再発動の方針表明を受けたトタルの撤退に伴い、80.1%のシェアを獲得。

【Sinopec】中国石油化工集団公司
・1988年設立。1998年に下流事業統括企業から上流・下流事業の垂直統合型企業に再編。採算部門を株式会社化し(Sinopec Corp)、2000年に香港、ニューヨーク及びロンドン株式市場に、2001年に上海株式市場に、それぞれ上場。2017年末現在、SinopecのSinopec Corp持株比率は70.86%。

【CNOOC】中国海洋石油総公司
・海洋油田の探鉱・開発専門会社として1982年に設立。1999年にCNOOC Ltd.を設立し、2001年にニューヨーク及び香港株式市場に上場。

増産計画

・2017年1月に発表されたエネルギー発展第13次5カ年規画(2016〜20年)の目標では、2020年の原油生産能力を2億トン/年に維持、天然ガスを207.0BCMへ拡大(うちシェールガスを30.0BCM)。

・CNPCは新疆ウイグル自治区からの原油生産を2009年の2.8億バレルから2020年までに4.5億バレルに増産する意向、300億ドルの投資を見込む。

・CNOOCは、5カ年計画における2015年までのオフショア生産増に400億ドルの投資を見込む。2030年までに原油生産量2倍、天然ガス生産量3倍との目標(2010年度基準)。

上流部門への外資参入可能形態

生産分与契約、合弁

シェールガスに関しては、中国企業との提携によってのみ参加可能

上流部門への外資参入実績

・主要活動外資:ConocoPhillips、Shell、Chevron、BP、Husky、Anadarko、Eni、Total他。

・2012年3月、Shell、四川盆地のシェールガス開発につきCNPCと初のPSAに署名。

・2016年、BPがCNPCと四川盆地Neijiang-Dazu鉱区(4月)、Rong Chang Bei鉱区(9月)のシェールガス開発についてPSAに署名。


下流部門の政策と投資動向

・2017年3月、Sinopecが2020年までに国内製油所4件の能力増強(1億3000万トン/年へ)・近代化計画を発表(投資額2000億元)。

・2018年10月、クウェートは、Sinopecと中国南部の製油所建設についてMOUの締結を発表。

・国内原油パイプラインとして「西油東送」、「北油南運」。国際原油パイプラインとして、東シベリア〜大慶PL、カザフスタン〜新疆PL、ミャンマー〜雲南省昆明PLが稼働済み。

・国内ガスパイプラインとして第1西気東輸、第2西気東輸、及び第3西気東輸西ブロックが稼働済み。国際ガスパイプラインでは、中央アジアパイプライン、ミャンマー〜広西チワン族自治区貴港ガスパイプラインが稼働済み。

情報源(投資企業各社のHPや各種報道サイトを除く)

●NDRC HP(http://ndrc.gov.cn/
●CNPC HP(http://www.cnpc.com.cn/
●Sinopec HP(http://www.sinopec.com/
●CNOOC HP(http://cnooc.com.cn/
●EIA (http://www.eia.gov/beta/international/

石油天然ガス需給

» 2005年以降のアジア・大洋州をまとめて見る

2013 2014 2015 2016 2017 2018
原油 確認埋蔵量1/ (十億バレル) 18.0 18.0 25.0 25.0 n.a. n.a.
生産量2/ (千バレル/日) 4,164 4,208 4,278 3,981 n.a. n.a.
輸入量 (千バレル/日) 5,657 6,177 6,730 7,625 n.a. n.a.
国内消費量 (千バレル/日) 10,734 11,208 11,985 12,381 n.a. n.a.
輸出量 (千バレル/日) 32 12 57 58 n.a. n.a.
天然ガス 確認埋蔵量1/ (兆立法フィート) 122 122 169 189 n.a. n.a.
生産量 (十億立方フィート/日) 11.0 12.0 13.0 13.0 n.a. n.a.
輸入量 (十億立方フィート/日) 5.0 5.0 5.0 6.0 n.a. n.a.
国内消費量 (十億立方フィート/日) 16.0 18.0 18.0 20.0 n.a. n.a.
輸出量 (十億立方フィート/日) 0.0 0.0 0.0 n.a. n.a. n.a.
石油製品 原油精製能力 (千バレル/日) 13,594.0 14,534.0 14,306.0 14,177.0 n.a. n.a.
国内消費量3/ (千バレル/日) 11,084 11,493 12,020 12,530 n.a. n.a.
情報源 ●BP, "Statistical Review of World Energy", June 2017(http://www.bp.com/statisticalreview
●EIA, International Energy Statistics (https://www.eia.gov/beta/international/data/browser/
●OPEC Annual Statistical Bulletin 2017
●IEA Statistics

(注)1/ 年末。    2/ リースコンデンセートを含む。    3/ 原油生焚きを含む。

経済指標

» 2005年以降のアジア・大洋州をまとめて見る

単位 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
GDP現地通貨建
(十億元)
59,696 64,718 69,911 74,540 0 0
為替レート年平均
(元/ドル)
6.20 6.14 6.23 6.64 0.00 0.00
GDP十億ドル 9,635 10,535 11,226 11,218 0 0
人口百万人 1360.7 1367.8 1374.6 1382.7 0.0 0.0
一人当たりGDPドル/人 7,081 7,702 8,167 8,113 0 0
消費者物価上昇率2.6 2.0 1.4 2.0 0.0 0.0
失業率4.1 4.1 4.1 4.0 0.0 0.0
石油天然ガス収入対歳入比率n.a. n.a. n.a. n.a. 0.0 0.0
歳出対GDP比率28.5 29.0 31.3 32.0 0.0 0.0
輸出額十億ドル 2,211 2,343 2,284 2,135 0 0
輸出額-うち石油天然ガス輸出額比% 1.4 1.5 1.2 n.a. 0.0 0.0
輸入額十億ドル 1,949 1,963 1,681 1,590 0 0
経常収支十億ドル 148 236 304 196 0 0
外貨準備高十億ドル 3,840 3,860 3,345 3,030 0 0
対外債務十億ドル 1,472 1,771 1,418 1,154 0 0
情報源 ●IMF,IFS, Country Report verious issues, World Economic Outlook Databases
●世銀(http://datatopics.worldbank.org/debt/ids/country/
●CIA,World Factbook
●UNCTADstat

(注)2013及び14年はIMF等の推計・見通しを含む。

最終更新:2017年6月

駐日大使館

中華人民共和国大使館
Embassy of the People's Republic of China

〒106-0046 東京都港区元麻布3-4-33
TEL: 03-3403-3388

» 駐日中華人民共和国大使館 WEBサイト


» 大きな地図で見る

関連機関へのリンク