2021年3月22日(月)以降に初めてログインされる方は上記「パスワード再登録」から再登録の手続きをお願いいたします。

 

ウェブセミナー 2021年建設マスタークラス「アウトバウンド建設プロジェクト:国家との取引」

Construction Masterclass 2021 "Japan Outbound Construction: Dealing with State Entities"

 

日時:2021年11月25日(木)、12月2日(木) 16:00〜17:00
会場:ウェブセミナー(ライブ+オンデマンド配信)
主催:ハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法事務弁護士事務所、一般社団法人海外建設協会 (OCAJI)、一般財団法人海外投融資情報財団(JOI)

Time and Date: Thursday, November 25, Thursday, December 2, 2021 16:00h-17:00h (JST)
Location: Webinar (Live and On-demand streaming)
Sponsors: Herbert Smith Freehills GJBJ, The Overseas Construction Association of Japan, Inc. (OCAJI), Japan Institute for Overseas Investment (JOI))

 

<概要/Summary>

今年度のマスタークラスでは、海外の公共事業建設プロジェクトに焦点を当て、国家とのやりとりにおける様々な問題点について2回のセッションに分けて考察します。セミナーでは、ハーバート・スミス・フリーヒルズの世界各地の拠点にて建設プラクティスに従事し、大型公共事業インフラプロジェクトについて豊富な助言実績を有するロイヤーが集い、講演します。
セッション1「国家との取引における主な留意事項」では、プロジェクトの所在国や地域を問わず、国家が関与するアウトバウンドの建設プロジェクトにおいて日本企業が留意すべき一般的な検討事項について概観します。まず、ESG(環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance))や法改正リスクなど、プロジェクト関連の文書作成での具体的な検討の流れについて解説します。また、政府組織との折衝のプロセスを追いながら主な難所がいつどういうところに潜んでいるか、さらには二国間・多国間投資協定に基づき生じる可能性のある請求についても考察します。
セッション2「国家との取引〜東南アジアにおけるチャンスと課題〜」では、中国、インドネシア、タイ、ベトナム、シンガポール、カンボジア、ラオスおよびマレーシアのアジア地域の各国をバーチャルツアーで個別に見ながら、それぞれの国特有の傾向や課題について解説します。これらの国は急成長を遂げており、日本の建設企業やディベロッパー、投資家にとって非常に魅力的です。講演会では、これらの国々で執務する専門家が、各国のビジネスチャンスやその地域に特化した留意点、そして最新の市場動向について意見を交わします。
This year, over two sessions, we will be focusing on the topic of overseas public construction projects and delving into the complexities behind working with state entities. Our speakers, joining from all corners of the globe, are prominent practitioners from our global construction practice and have extensive experience advising on large-scale public infrastructure projects.
Session One: "Dealing with States, The Key Considerations" will cover general considerations that Japanese corporates need to be aware of for outbound construction projects involving a state entity, regardless of the location of the project. We will go into the specific process of drafting considerations, such as ESG and change in law risk. We will walk through the process of negotiating with governments and identify key challenges, and we will look at potential treaty claims arising from bilateral and multilateral investment treaties.
In Session Two: "Dealing with States, The Opportunities and Challenges in South East Asia", we will then embark on a virtual tour across Asia to look at jurisdiction-specific trends and issues, covering China, Indonesia, Thailand, Vietnam, Singapore, Cambodia, Laos and Malaysia in Session Two. These are countries of high growth and present many exciting opportunities to Japanese developers and investors. Our panel of experts regularly work in these jurisdictions and will be sharing insights on the opportunities, and particular local considerations, in each jurisdictions and provide an update on recent market developments.

 


<スピーカー/Speakers>

ハーバート・スミス・フリーヒルズ/Herbert Smith Freehills
クレイグ・シェパード(パートナー、建設プラクティス 日本ヘッド、東京オフィス) Craig Shepherd (Japan Head of Construction, Partner, Tokyo)
ティム・ヒーリー(パートナー、建設プラクティス、ロンドン・オフィス) Tim Healey (Construction, Partner, London)
トーマス・ファーロング(パートナー、紛争解決プラクティス、シンガポール・オフィス) Tomas Furlong (Dispute Resolution, Partner, Singapore)
ミシェル・リー(パートナー、建設紛争プラクティス、上海オフィス) Michelle Li (Construction Disputes, Partner, Shanghai)
ナレンドラ・アディヤサ(パートナー、ヒスワラ・ブンジャミン&タンジュン、ジャカルタ) Narendra Adiyasa (Hiswara Bunjamin & Tandjung, Partner, Jakarta)
ワラトーン・ウォンサワンシリ(パートナー、紛争解決プラクティス、バンコク・オフィス) Warathorn Wongsawangsiri (Dispute Resolution, Partner, Bangkok)
ダニエル・ウォルデック(オブ・カウンセル、紛争解決プラクティス、シンガポール・オフィス) Daniel Waldek (Dispute Resolution, Of Counsel, Singapore)
デイヴィッド・オン(シニア・アソシエイト、プロジェクト、メルボルン・オフィス) David Ong (Projects, Senior Associate, Melbourne)

 

 

資料を閲覧するためにはログインが必要です。/In order to see the material, you must login.

お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。/Inquiry Form