2021年3月22日(月)以降に初めてログインされる方は上記「パスワード再登録」から再登録の手続きをお願いいたします。

 

東南アジアにおけるコンプライアンスの展望とその先:新しい脅威とそれに対処するための戦略とツール
The Southeast - Asian Compliance Landscape in 2021 and Beyond : New Threats and the Strategies and Tools to Deal with Them

 

日時:2021年9月16日(木) 14:00〜15:30
会場:ウェブセミナー(ライブ配信 +オンデマンド配信)
主催:ディーエルエイ・パイパー東京パートナーシップ外国法共同事業法律事務所、一般財団法人海外投融資情報財団(JOI)
言語:英語(同時通訳付

Time and Date: Thursday, September 16, 2021 14:00h-15:30h (JST)
Location: Zoom Webinar (Live and On-demand streaming)
Sponsors:DLA Piper Tokyo Partnership, Japan Institute for Overseas Investment (JOI)
Language: English (with simultaneous interpretation)

プログラム/PROGRAM

 

14:00-14:05
開会挨拶/Opening remarks

トニー・アンドリオティス(ディーエルエイ・パイパー東京パートナーシップ外国法共同事業法律事務所、パートナー)
Tony Andriotis, PartnerーJapan, DLA Piper Tokyo Partnership

14:05-14:40
投資、腐敗およびCOVIDパンデミックー東南アジアの腐敗と戦うための新しい戦略
Investment, Corruption and the COVID PandemicーNew strategies for fighting corruption in Southeast Asia

モーリス・バーク(ディーエルエイ・パイパー・シンガポール、インベスティゲーション・アジア代表)
Maurice Burke, Head of Investigations, AsiaーDLA Piper Singapore

東南アジアの市場は、既存の事業を拡大、あるいはさらなる投資を企図する日本企業にとって、依然として魅力的ではありますが、課題が多いのも事実です。腐敗防止の枠組みが日本のそれとは大きく異なり、激しく変化しているASEAN市場で日本のスタンダードを保ち続けることは、COVIDパンデミックが経済、社会に与えた予測不能な影響も相まって、さらに困難になっています。
DLApiperのインベスティゲーション・アジア代表であるモーリス・バークより、東南アジアでの業務において、腐敗を検知・防止するための新しい戦略についてお話いたします。
The markets of Southeast Asia remain attractiveーbut challengingーfor Japanese corporations seeking to expand existing operations and further invest. Ensuring that Japanese anti-corruption standards are maintained across the ASEAN markets is made more difficult by the very different and changing anti-corruption frameworks, and the inconsistent impact the COVID Pandemic has had on economies and societies.
Maurice Burke, who heads the DLA Piper investigations practice in Asia, will discuss new strategies to detect and prevent corruption in your operations in Southeast Asia.

14:40-15:15
東南アジアにおける競争、市場アクセス、貿易コンプライアンス
Competition, Market Access & Trade Compliance in Southeast Asia

ネイサン・ブッシュ(ディーエルエイ・パイパー・シンガポール、独占禁止法、競争法アジア代表)
Nathan Bush, Head of Antitrust and Competition, AsiaーDLA Piper Singapore

東南アジアで活動する日本企業は、ますます活発で多様化する独占禁止制度を遵守し、RCEP、CPTPP市場にアクセスする中で、米国の制裁措置と中国の対抗措置の間を舵取りするという困難な課題に直面しています。 ネイト・ブッシュより、パンデミックが続く中、これらの不確実性に立ち向かうための戦略についてお話いたします。
Japanese companies active in Southeast Asia face the challenges of complying with increasingly active and diverse antitrust regimes, capitalizing on the market access opportunities of RCEP and CPTPP, and steering between U.S. sanctions and Chinese countersanctions. Nate Bush will discuss strategies for confronting these uncertainties amidst the continuing pandemic.

15:15-15:25
質疑応答/Q&A


15:25-15:30
閉会挨拶/Closing Remarks

トニー・アンドリオティス/Tony Andriotis

 

 

資料を閲覧するためにはログインが必要です。/In order to see the material, you must login.

お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。/Inquiry Form