2021年3月22日(月)以降に初めてログインされる方は上記「パスワード再登録」から再登録の手続きをお願いいたします。

 

ウェブセミナー:国際仲裁の活用の仕方シリーズ「国際仲裁プラクティスの現状及び日本企業にとっての今後の課題」

Current International Arbitration Practice and Challenges for Japanese Corporations
(International Arbitration Practice Workshop Series)

 
会場:ウェブセミナー(ライブ+オンデマンド配信)
主催:ポールヘイスティングス、一般財団法人海外投融資情報財団(JOI)
Location: Webinar (Live and On-demand streaming)
Sponsored by Paul Hastings and Japan Institute for Overseas Investment (JOI)

 

<第一回>

日時:2021年3月3日(水)10:30~12:00

Time and Date:Wednesay, March 3, 2021 10:30~12:00

Presentation (PDF)

 

プログラム/Prgoram
◆日本における国際仲裁プラクティスの現状/Overview of current international arbitration practice in Japan
◆国際仲裁に比較した米国の国際訴訟プラクティスの良し悪し/Cross-border litigation in the United States and its pros and cons in comparison to international arbitration
◆大陸法地域とコモンロー地域における国際仲裁プラクティスの相違点/Civil law and common law in international arbitration practice
◆国際仲裁を活用する上で考えられる日本企業にとっての課題/Challenges for Japanese corporations
◆日本における国際仲裁プラクティスの未来/The future of international arbitration practice in Japan

 

<第二回>

日時:2020年11月19日(木)16:00~17:00

Time and Date: Thursday, November 19, 2020 16:00~17:00

Presentation (PDF)

 

プログラム/Program

◆書類開示手続き/Document Exchange
*国際仲裁と米国訴訟/International Arbitration and U.S. Litigation
*大陸法地域とコモンロー地域/Civil Law and Common Law
◆証人尋問手続き/Witness Examination
*反対尋問とは/What is cross-examination?
*どのように準備するか/How to prepare for witness examination
◆質疑応答/Questions and Answers
*仲裁地の選び方/Selecting the seat of arbitration
*事案の種類に応じた仲裁の活用の仕方(技術的専門性が必要な事案、機微な情報が関わる事案など)/How to use international arbitration for different kinds of disputes (cases requiring technical expertise or cases involving confidential matters, etc.)
*仲裁条項のドラフティングの基礎/Overview of key elements when drafting an arbitration clause

 

<講師/Speakers>
道垣内正人(早稲田大学教授・東京大学名誉教授・弁護士・日本商事仲裁協会(JCAA)仲裁調停担当執行理事)
Masato Dogauchi, Professor of Law at Waseda University, Professor Emeritus of Law at the University of Tokyo, Attorney-at-law, Chief Arbitration and Mediation Officer of the Japan Commercial Arbitration Association

ジョゼフ・R・プロファイザー(ポールヘイスティングス、国際仲裁プラクティスグローバルヘッド、ワシントンD.C.オフィス所属パートナー、ジョージタウンロースクール非常勤講師)
Joseph R. Profaizer, Global Head of Paul Hastings’ International Arbitration Practice, Partner of Paul Hastings’ Washington, D.C. office, Adjunct Professor of Law at Georgetown University Law Center

エリック・W・ディットマン(ポールヘイスティングス、知的財産プラクティスグローバルバイスチェア、ニューヨークオフィス所属パートナー)
Eric W. Dittmann, Global Vice Chair of Paul Hastings’ Intellectual Property Practice, Partner of Paul Hastings’ New York office

谷口紗智子(ポールヘイスティングス、ワシントンD.C.オフィス所属シニアアソシエイト)<モデレーター>
Sachiko Taniguchi, Senior Associate of Paul Hastings’ Washington, D.C. office <moderator>

 

資料を閲覧するためにはログインが必要です。/In order to see the material, you must login.

お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。/Inquiry Form