ウェブセミナー:新型コロナ渦中における海外リスク・危機管理の重要ポイント〜インテリジェンスの活用による危機の回避・打開〜

視聴時間:約60分
主催:コントロール・リスクス・グループ株式会社、一般財団法人海外投融資情報財団
使用言語:日本語

 

Presentation PDF(5,510KB)

 

新型コロナウイルスの蔓延は、ワクチンが全世界的に十分に入手できるまでの今後数年間にわたり、グローバル・ビジネスのリスク環境(政治情勢、オペレーション環境、治安情勢、等)を漸次的に変化させることが予想されます。そして、この全世界的規模の影響の相互作用と連鎖は、海外ビジネスを進める民間企業にとって正に未知の事態であると言え、現在のリスク・危機管理の枠組みを新しいリスク環境に適応させる必要性があります。

 

本ウェビナーでは、新型コロナ渦中により生じている海外ビジネスの新しいリスク環境の特性、想定される主要リスク、推奨される海外リスク・マネジメントのアプローチ、そして危機を回避・打開するために重要となるインテリジェンス機能(カントリー・インテリジェンス、及びビジネス・インテリジェンス)の活用・応用例について、コントロール・リスクス・グループの考察を概説いたします。また、具体事例として、欧州(イタリア、ロシア等)、中南米(ブラジル、メキシコ等)、アジア(インド、パキスタン等)、アフリカ(ケニア、ナイジェリア等)及び産油諸国等の対応も紹介します。

 

■講師紹介
清水 丈司(コントロール・リスクス ビジネス・インテリジェンス部門 日本法人ディレクター) 2014年にコントロール・リスクスに参画。インテリジェンスをベースとした国内外のリスク調査やリスク・マネジメントのコンサルティング・プロジェクト等を400件以上対応した経験を有する。 コントロール・リスクスはインテリジェンスをベースとしたリスク・危機管理のコンサルティング会社であり、ビジネス・インテリジェンス部門は、日系企業が海外において直面する複雑なリスクや危機事象に対してインテリジェンスを駆使した実践的な解決支援を提供している。

 

資料を閲覧するためにはログインが必要です。/In order to see the material, you must login.

お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。/Inquiry Form