ワークショップ「贈収賄事案に直面した際にどう対処・回避するか」

 

日時:2019年11月27日(水)14:00〜16:30
場所:JOI第会議室
主催:Berkley Research Group、TMI総合法律事務所、一般財団法人海外投融資情報財団 (JOI)

 

本ワークショップでは、具体的な2つのケーススタディーをテーマに、小グループごとにディスカッションし、各アイデアや意見を共有しました。また、以下の講師より、実務経験に基づいたアドバイスもいただきました。

講師
ベン・フォーエーカー(Berkeley Research Group 日本支社長)
Ben Fouracre has been based in Japan for 15 years from where he has assisted both Japanese and foreign multinationals with strategic planning, operational execution, market entry, business intelligence, due diligence, crisis response, brand integrity, and design and implementation of global compliance programs. He has been involved in providing investigative support, advice and training to Japanese companies facing operational challenges in emerging markets related to bribery and corruption issues. His clients have included government organizations and major, culturally diverse multinationals in a number of industries.

 

戸田 謙太郎(TMI総合法律事務所 パートナー 弁護士・ニューヨーク州弁護士)
独占禁止法・競争法、海外贈収賄規制、通商問題(アンチ・ダンピング)、国際紛争、国際取引を主な取扱分野とする。グローバルコンプライアンス体制の構築に関するアドバイスや社内コンプライアンス研修の講師なども精力的に行っている。

 

お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。/Inquiry Form