米国の海外腐敗行為防止法と独立コンプライアンス監査人の役割〜米国司法省による法執行の現状と企業コンプライアンスへの監視の目〜

Independent Compliance Monitorship: Why does US Department of Justice impose independent monitors, and what does a monitor do? Learn US DOJ’s perspectives of compliance best practices

 

日時:2019年9月17日(火)14:00-16:00
場所:株式会社国際協力銀行9階講堂
主催:ポールヘイスティングス法律事務所・外国法共同事業、一般財団法人海外投融資情報財団
後援:株式会社国際協力銀行
Time and Date: Tuesday, September 17, 2019 14:00-16:00
Place: Japan Bank for International Cooperation 9th Floor Auditorium
Sponsors: Paul Hastings, Japan Institute for Oversea Investment (JOI)
Supporter: Japan Bank for International Cooperation (JBIC)

  

プログラム/PROGRAM

Presentation(2,050KB)会員限定リンク

 

14:00-14:10

イントロダクション/Introduction 

 

14:10-15:45

◆FCPAの概要/Overview of the Foreign Corrupt Practices Act
◆インデペンデント・コンプライアンス・モニターについて(いつ、どのように、なぜ必要なのか。注目すべき事例と経験に基づいた解説)
Independent Compliance Monitor – When, how, and why; notable cases; and personal experiences
◆日本企業への影響(FCPAコンプライアンスとベストプラクティス)
Implications on Japanese Companies - FCPA Compliance and Best Practices 

  

15:45-16:00

質疑応答/Questions & Answers

 

スピーカー/Speakers

クワメ・マンリー(ポールヘイスティングス、ワシントンD.C.オフィス、パートナー)
Kwame J. Manley, Partner, Paul Hastings, Washington D.C. office
萩原 弘之(ポールヘイスティングス、東京オフィス、パートナー)
Hiroyuki Hagiwara, Partner, Paul Hastings, Tokyo office

 

資料を閲覧するためにはログインが必要です。/In order to see the material, you must login.

お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。/Inquiry Form