米国独禁法違反に伴うリスク・マネジメント:有事に役立つ独禁法コンプライアンス及び リスク・マネジメント戦略のあり方

Business Risks and Mitigation Strategies for Japanese Companies in an Era of Increased Antitrust and Competition Enforcement

 

日時:2016年9月13日(火) 14:00〜16:00
場所:株式会社国際協力銀行9階講堂
主催:K&L Gates外国法共同事業法律事務所、FTIコンサルティング、一般財団法人海外投融資情報財団
後援:株式会社国際協力銀行
Tuesday, September 13, 2016 14:00h~16:00 at Japan Bank for International Cooperation 9th Floor Auditorium
Sponsored by K&L Gates LLP, FTI Consulting and Japan Institute for Overseas Investment
Supported by Japan Bank for International Cooperation

プログラム/PROGRAM

Program PDF(126KB)
Presentation PDF (jp)(15,482KB)会員限定リンク
Presentation PDF (eng)(9,041KB)会員限定リンク

セミナー動画

 

14:00-14:05
開会挨拶/Introductory Message

弁護士 渡辺 直樹(K&L Gates 東京オフィス パートナー)
Naoki Watanabe, Partner, K&L Gates, Tokyo Office

 

14:05-14:10
イントロダクション/Introduction and Overview
1. 日本企業にとっての米国独禁法違反リスク/Why should Japanese companies care about U.S. antitrust enforcement?
2. 独禁法違反リスク・マネジメントのポイント/What steps can Japanese companies take to mitigate antitrust risks?

スティーブン・コワル(K&L Gates シカゴオフィス パートナー)
Steven Kowal, Partner, K&L Gates, Chicago Office

 

14:10-14:30
米国独禁法対策:カルテル事案対応/Cartel enforcement and defence
1. 米国独禁法の刑事責任とは/Basis for criminal antitrust liability
2. カルテル事案における最近のトレンド/Increasing penalties and the globalization of cartel investigations
3. 米国独禁法違反事件における米国司法省のアプローチ及び企業がとるべき対抗策/U.S. Department of Justice investigative approach and effective response strategies

スティーブン・コワル(K&L Gates シカゴオフィス パートナー)
Steven Kowal, Partner, K&L Gates, Chicago Office

 

14:30-14:45
米国独禁法対策:民事責任対応/Defense of Civil Litigation
1. 米国独禁法違反と民事責任(クラスアクション)の関係/Civil case generation and development of a class action
2. 刑事手続と民事手続が同時並行に進むことの意味/Complications from parallel criminal and civil proceedings and mitigation strategies
3. 米国独禁法違反を理由とする民事裁判手続を企業側からコントロールするためのポイント/Defensive strategies to limit the scope of civil antitrust cases, including eliminating non-U.S. sales under the U.S. Foreign Trade Antitrust Improvements Act (FTAIA)

マイケル・マルティネス(K&L Gates シカゴオフィス パートナー)
Michael Martinez, Partner, K&L Gates, Chicago Office

 

14:45-15:05
米国独禁法コンプライアンス強化のあり方/Enhancing Antitrust Compliance
1. 社内独禁法コンプライアンス・プログラムの目的/Benefits of an internal antitrust compliance program
2. 有事に役立つコンプライアンス・プログラムの要件/Requirements of an effective compliance program
3. 米国司法省の最近の政策転換を踏まえたコンプライアンス・プログラム/Policy shifts within the U.S. Department of Justice - Corporate Probation, Creditable Compliance, and increased attention by courts
4. 会社の実情に沿ったコンプライアンス・プログラムの作り方/Strategies for tailoring the compliance program to your company and the industry in which it operates

ローレン・ノリス・ドナヒュー(K&L Gates シカゴオフィス パートナー)
Lauren Norris Donahue, Partner, K&L Gates, Chicago Office

 

15:05-15:25
リスク・マネジメント及び経営戦略としての独禁法コンプライアンス−有事に役に立つコンプライアンス体制を構築するためのポイント/Antitrust Compliance as Risk Management and Business Strategy - key points to consider in establishing a compliance program that actually works
1. 有事に役に立つ独禁法コンプライアンス体制を構築するためのポイントとベスト・プラクティス/Approaches to effective antitrust compliance programs and best practices
2. リスク・マネジメント及び経営戦略としての独禁法コンプライアンス/Antitrust compliance as risk management and business strategy

弁護士 渡辺 直樹(K&L Gates 東京オフィス パートナー)
Naoki Watanabe, Partner, K&L Gates, Tokyo Office
弁護士 酒向 由紀(K&L Gates 東京オフィス アソシエイト)
Yuki Sako, Associate, K&L Gates, Tokyo Office

 

15:25-15:45
独占禁止法違反のリスク軽減と裁判における防御強化のための効果的なデータ収集と分析方法/Utilizing Effective Data Acquisition and Analysis Strategies to Mitigate Antitrust Risk and Fortify Defenses
1. 効率的な取引データ管理、収集、分析の手法と利点/Approaches to, and benefits of, effective transaction data maintenance, acquisition, and analysis
2. 商取引高を減らす方法、制裁金を限定する方法、外国取引反トラスト改善法と集団訴訟から自社を守るには/Strategies to reduce volume of commerce calculations, limit financial penalties and defend against FTAIA and class certification
3. 潜在的なカルテル行為を検出する定量法/Quantitative methods to detect potential cartel conduct

二コール・ウェルス CPA/CFF(FTI Consulting マネージング・ディレクター)
Nicole Wells, CPA/CFF, Managing Director, FTI Consulting

 

15:45-16:00
質疑応答/Questions & Answers

 

資料を閲覧するためにはログインが必要です。/In order to see the material, you must login.

お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。/Inquiry Form