2021年3月22日(月)以降に初めてログインされる方は上記「パスワード再登録」から再登録の手続きをお願いいたします。

建設マスタークラス:東南アジアを中心に

CONSTRUCTION MASTERCLASS: SOUTH EAST ASIA FOCUS

日時:2014年9月9日(火)14:00〜16:30
場所:株式会社国際協力銀行9階講堂
主催:ハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法事務弁護士事務所、一般財団法人海外投融資情報財団
後援:株式会社国際協力銀行
Time and Date: Tuesday, September 9th 2014 14:00h – 16:30h
Location: Japan Bank for International Cooperation 9th Floor Auditorium
Sponsored by: Herbert Smith Freehills GJBJ, Japan Institute for Overseas Investment (JOI)
Supported by: Japan Bank for International Cooperation (JBIC)

プログラム/PROGRAM

日英同時通訳付/with English/Japanese simultaneous interpretation
Program PDF(202KB)
PDF(4,442KB)会員限定リンク

14:00-14:05 イントロダクション/Introduction

14:05-15:00 東南アジア地域での建設契約におけるリスク分担に見る近時の傾向

•引渡しのモデル−リスクの特定および分担の概要
•融資可能性(バンカビリティー)−確実性と柔軟性のバランスの最適化
•入札−プロジェクトライフ全体に及ぶ契約関係にかかる競争的圧力
•ターンキーとすべきか否か?
•請負者の早期関与
•リスクの分担−設計における欠陥や潜在的条件
•支払いの定期性、確実性および保証
•責任の制限および免除
•履行保証、約定損害金、唯一のまたは非排他的な救済
•政治的不可抗力、保険引受不可能性および契約解除
•Delivery models – an overview of risk identification and allocation;
•Bankability – optimising the balance between certainty and flexibility;
•Tendering - competitive tension for whole of project life contract arrangements;
•Turnkey or not turnkey?
•Early contractor involvement;
•Allocation of risk – design flaws and latent conditions;
•Payment regularity, certainty and security;
•Limitations and exclusions of liability;
•Performance guarantees, liquidated damages and sole or non-exclusive remedies; and
•Political force majeure, un-insurability and termination

マシュー・オズボーン(ハーバート・スミス・フリーヒルズ シンガポール事務所 パートナー)
Matthew Osborne, Partner, Herbert Smith Freehills, Singapore

15:00-15:20 コーヒーブレイク/Coffee Break

15:20-16:10 請求払ボンドの魅力は薄れつつあるのか?
世界の建設市場における先般のイングランドDoosan事件の意義

Are on-demand bonds losing their bite?
The implications of the recent English Doosan case in the global construction market
Doosan事件(2013年10月)は、国際EPC契約に関連して発行された請求払ボンドをめぐるもので、イングランド高等法院が請求払ボンドに基づく受益者による請求の阻止を目的とする差止命令を発出した最近の一連の事件のうち、最新のものです。同事件は、請求払ボンドは現金による保証と同等であり、明白な詐欺の証拠がある場合にのみ請求に応じた支払いの差止めを認めるべきであるという、伝統的な見解から決別した重要な判例となっています。本セッションでは、イングランドの判例におけるこの傾向が今後支持され続ける見通しおよび東南アジアの大型建設・土木プロジェクトにとっての意義に考察を加えます。
The Doosan case (October 2013) is the latest in a line of recent English High Court injunctions preventing a beneficiary from making a call on an on-demand bond, this time in relation to an international EPC contract. It is a significant step away from the traditional view that on-demand bonds should be equivalent to cash security and that payment on demand should only be prevented in the event of manifest evidence of fraud. In this part of the seminar we will consider whether this trend in English cases is sustainable and the implications for major construction and engineering projects in South East Asia.

エマ・クラトフィロヴァ(ハーバート・スミス・フリーヒルズ外国法事務弁護士事務所 パートナー)
Emma Kratochvilova, Partner, Herbert Smith Freehills, Tokyo

16:10-16:30 質疑応答/Questions & Answers

会員限定リンク 資料を閲覧するためにはログインが必要です。/In order to see the material, you must login.
お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。 / Inquiry Form