2021年3月22日(月)以降に初めてログインされる方は上記「パスワード再登録」から再登録の手続きをお願いいたします。

EUでの公共事業の受注:公共事業入札に係る日本企業の機会、戦略、留意点

Winning public sector work in the EU – opportunities, strategies and pitfalls for Japanese companies tendering for public sector work in the EU

日時:2012年7月4日(水)14:00〜17:00
場所:株式会社国際協力銀行9階講堂
主催:ホーガン・ロヴェルズ法律事務所外国法共同事業、一般財団法人海外投融資情報財団
後援:株式会社国際協力銀行
Wednesday, July 4, 2012 14:00h~17:00h
Location: Japan Bank for International Cooperation 9th Floor Auditorium
Sponsor: Hogan Lovells, Japan Institute for Overseas Investment (JOI)
Supporter: Japan Bank for International Cooperation (JBIC)

プログラム / PROGRAM

日英同時通訳付 / with English/Japanese simultaneous interpretation
Program PDF (152KB)
Presentation PDF (520KB)会員限定リンク 

14:00 – 14:15 イントロダクション/Introduction and Overview 

14:15 – 14:30 EUにおける公共調達とは:対象者と契約内容 

What is EU public procurement, who is caught and what contracts are covered

14:30 – 14:40 誰が入札できるのか、また日本企業の参加方法

Who can bid and how can Japanese participate

14:40 – 15:20 入札手続きの主な流れ

Outline of a procurement process

15:20 – 15:30 コーヒーブレイク/Coffee Break 

15:30 – 15:40 戦略、秘訣およびよくある間違い

Strategies, tips and common mistakes

15:40 – 15:50 特別な調達手段

Special procurement tools: framework agreements and qualification systems

15:50 – 16:10 苦情および訴訟

Complaints and litigation

16:10 – 16:20 発注当局側の立場

A view from a contracting authority

16:20 – 16:40 今後

The future

16:40 – 17:00 質疑応答/Questions & Answers

   

スピーカー/Name of Speakers

キーラ・ケネディ・ロウスト(ホーガン・ロヴェルス ブリュッセルオフィス パートナー)
Ciara Kennedy-Loest, Partner, Hogan Lovells Brussels

ニコラ・プールベ(ホーガン・ロヴェルズ ブリュッセルオフィス カウンセル)
Nicolas Pourbaix, Counsel, Hogan Lovells Brussels

高瀬 健作(ホーガン・ロヴェルズ法律事務所外国法共同事業 オブカウンセル)
Kensaku Takase, Of Counsel, Hogan Lovells Tokyo 

 

会員限定リンク 資料を閲覧するためにはログインが必要です。/In order to see the material, you must login.
お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。 / Inquiry Form