2021年3月22日(月)以降に初めてログインされる方は上記「パスワード再登録」から再登録の手続きをお願いいたします。

汚職や贈収賄の嫌疑をかけられた際の対処方法

Suspect or Accused of Corruption & Bribery – what do you do?
日時:2011年3月3日(木)14:00〜17:00
場所:株式会社日本政策金融公庫 国際協力銀行9階講堂
主催:クロール・インターナショナル・インク、一般財団法人海外投融資情報財団
後援:東京青山・青木・狛法律事務所 ベーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業)、
株式会社日本政策金融公庫 国際協力銀行
Thursday, March 3, 2011 14:00h~17:00h
at JBIC 9th Floor Auditorium
Sponsored by: Kroll, Japan Institute for Overseas Investment (JOI)
Supported by: Baker & McKenzie GJBJ Tokyo Aoyama Aoki Koma Law Office (Gaikokuho Joint Enterprise), Japan Bank for International Cooperation (JBIC) 

プログラム/PROGRAM

日英同時通訳/with English/Japanese Simultaneous Interpretation
Program PDF (144KB) 

14:00-14:10 イントロダクション/Introduction

佐藤 剛己(クロール・インターナショナル・インク マネジング・ディレクター、クロール東京支社長)
Tsuyoki Sato, Managing Director and Head of Kroll Japan 

14:10-14:35 海外汚職行為防止法と英国Bribery Act の日本企業への影響 

What the Foreign Corrupt Practices Act (FCPA) and UK Bribery Act means for
Japanese companies 

- Applicability to and relevance for Japanese companies
- Enforcement history and recent trends
- Compliance and investigation 

西垣 建剛
(東京青山・青木・狛法律事務所 ベーカー&マッケンジー外国法事務弁護士事務所(外国法共同事業) パートナー)
Kengo Nishigaki, Partner at Baker & McKenzie GJBJ Tokyo Aoyama Aoki Koma Law Office (Gaikokuho Joint Enterprise)

14:35-15:45 違反容疑にどう対応するか/Accused of a Violation – what do you do?  

- A look at a case study
- Crafting a crisis management plan
- What should you keep in mind from a legal perspective?
- Gather the facts and evidence: dos and don’ts when investigating
- Best practice in obtaining the digital evidence 

佐藤 剛己/Tsuyoki Sato

スコット・ワーレン(クロール・オントラック東京支社 リージョナル・マネジング・ディレクター)
Scott Warren, Regional Managing Director for Kroll Ontrack, Tokyo

西垣 建剛/Kengo Nishigaki

15:45-16:00 コーヒーブレイク/Coffee Break

16:00-16:45 パネルディスカッション:危機を回避する−最適な予防及び検出方法

Panel Discussion: Avoiding a crisis – best practice prevention & detection techniques 

This session moderated by Tadashi Kageyama, senior managing director and head of investigations at Kroll will open up a debate with the panellists to discuss issues such as:
- Dealing with 3rd party risk
- How to screen numerous vendors in a cost and time efficient manner
- The role of technology to prevent and monitor corruption, bribery and anti-trust violations
- What is the role and value of a whistle blower mechanism?
- What are the warning signs of corruption & bribery / FCPA violation
- And more……. 

モデレーター:影山 正
クロール・インターナショナル・インク シニア・マネジング・ディレクター、アジア地区調査関連サービス部門責任者)
パネリスト:佐藤 剛己/Tsuyoki Sato
スコット・ワーレン/Scott Warren
西垣 建剛/Kengo Nishigaki
デイビッド・ワイルドマン(クロール・インターナショナル・インク マネジング・ディレクター)
David Wildman, Managing Director, Kroll

16:45-17:00 質疑応答/Questions & Answers

お問い合わせは事業企画部あてにご連絡ください。 /Inquiry Form